Tokyo Inokashira Rotary Club

目的・活動内容

*

2018-2019年度 クラブテーマ

ー奉仕の理念を実践しよう!ー

2018-2019年度 クラブ重点目標

1.例会出席率の改善と向上

2. 会員基盤の強化

3. 地域社会への貢献

4. 地区重点目標の達成*

2018-2019年度 クラブ活動計画

1. 会員増強で会員数30名を目指そう

2. 第一例会の出席率100%を目指そう

3. 重点目標達成にみんなで取り組もう

4. ロータリーデーを成功させよう

*

活動内容

◆クラブ奉仕委員会
篠原会長の示された方針に則り、クラブ運営、クラブ活動を進めていきます。

 

◆SAA委員会(会場監督)
ロータリーでは英語を翻訳する時は、直訳をする様です。SAA.はSergeant-at-Armsを「会場監督」と訳され“時間の励行”“秩序の維持”“和やかな雰囲気”の醸感等が主な任務とある。本年度はこのようなことを基本に下記の目標を掲げました。

 

◆親睦・出席委員会
ロータリークラブの最も重要なものは会員間の親睦と例会出席です。そのために、当委員会として、楽しいクラブ活動になるようクラブの恒例行事を充実させるとともに、炉辺(さくら会)を毎月実施して会員間の懇親をいっそう深められるよう企画したいと考えています。また、出席については、各会員に例会出席を呼びかけると同時に、炉辺(さくら会)やクラブの奉仕活動を出席扱いになるよう理事会に働きかけ、また欠席した場合に他クラブやEクラブへのメーキャップができるようお手伝いし出席率向上を目指します。

◆会報・プログラム委員会
当クラブの活動を記録化した週報を作成し,会員に分かりやすい情報提供を行う会員外への当クラブ活動への広報手段として,週報を活用する例会を活性化するため,会員に関心の高い卓話等を企画する。

 

◆社会・環境奉仕委員会
2018-19年度篠原会長の方針に即し、奉仕四委員会との連携を密にして、地域貢献、公共イメージ向上、クラブ認識度向上を心がけながら、次の奉仕活動に取り組むものとする。

 

◆職業奉仕委員会
ロータリーの「職業奉仕」という言葉には、ロータリアンは地域社会のため、人のために奉仕をする心、職業への倫理性を持って職業に取り組むという、意味があります。ロータリー活動は職業倫理を追求する活動であり、例会は卓話を聞き、職業人同士の体験談、知識を交流し合う道場である、とも言われています。

1.関係委員会と協力して例会の充実に努める。

2.職業を通して地域社会へ思いやりをもって接する。

 

◆国際奉仕委員会
奉仕というロータリーの理想に結束した職業人の世界的友好による理解、善意および国際的平和の増進」という国際奉仕の考え方に則り、世界中のロータリアン同士の交流を通し、更なる相互理解を深め、友情と親睦の絆によって国際理解を進化させ、世界の恒久的な平和の実現に貢献する。また、「国際間の理解と親善を深め、平和を推進する」という国際奉仕の
理念に基づき、今年度もロータリー財団への協力や、身近で展開されている様々な国際交流並びに国際奉仕事業など、国際理解、親善、平和を推進する活動への参加を検討し、できるものから取組んでいく。奨励していく。

 

◆新世代奉仕委員会
① 当クラブにおける青少年奉仕活動の柱である日本宇宙少年団「サイエンスキッズみたか」の活動支援を継続事業とし、設立18年目を迎え新体制3年目となった分団活動をより充実させる為、より積極的に推し進めていく。
② 地区の青少年奉仕部門の
・インターアクト
・ローターアクト
・青少年交換
・RYLA
・インターンシップ
上記5活動に積極的に参加する。
③ 「活動に参加した青少年が虐待・ハラスメント・事故等により精神的、肉体的にダメージを受けぬよう、又それに対する危機管理」と「プログラムの安全」に対する意識高揚。

 

◆公共イメージ(IT・広報)委員会
1.井の頭ロータリークラブの活動について積極的に広報活動を行う。
2.第2750 地区情報の内容をRI のHP などから、会員に報告、伝達をする。
3.My Rotary の登録会員数を60%にする。
4.7月にリリース予定の第2750地区情報アプリの活用促進を行う。

 

◆仲間を増やそう委員会(会員増強)
☆ 新しい仲間を3名増やし、30名を超えるクラブを作る。仲間を増やすことは一朝一夕にはできません。常にロータリアンとして行動する中で、ロータリーの良さをまわりの人たちに伝え、活動に共鳴してもらうことが大切です。ロータリアンが地域の為に、地域の仲間と一緒に、色々な活動に率先して参加することは、仲間を増やしていくうえで、とても大切なことだと思います。今年度も、委員会のメンバーはもとより、それぞれの会員が、自分なりのスタンスで、地域の活動に参加し地域の一人でも多くの人と接し、ロータリーの良さをアピールし、勧誘に繋げて頂ければと思います。また、仕事の仲間や、仕事で知り合った人たちにロータリーの活動を紹介し、例会に誘い、勧誘に繋げることができれば、と考えます。ご協力をお願い致します。

 

◆会員選考・職業分類委員会
この人こそロータリアンにふさわしいと推薦された方を迅速に入会させます。

 

◆R情報・アドホック委員会
1.「ロータリーの友」を、会員の身近な情報源として役立て、また楽しんでいただくよう啓蒙する
2.「ロータリーの友」を通じて、ロータリークラブの理念やルールを学び、当クラブの運営に生かす。

 

◆新世代奉仕委員会
2018~19年度RIテーマ、ロータリーのビジョン声明に基づく地区重点目標の達成に向けて「ロータリー財団への支援」活動を推進する。

  • 年次基金への寄付   1人 : $150
  • ポリオプラスへの寄付 1人: $30
  • ベネファクター         1名以上
  • ポール・ハリス・ソサエティ 新規 1名以上

 

◆米山記念奨学委員会
国際交流を通じて友好の輪を世界に広げる。会員に米山奨学会の活動を周知させる

 

 

親睦と友情 FRIENDSHIP

世界のロータリアンと交流する場でもあります。

○国際大会への参加
2012年バンコク、2013年リスボン、2014年シドニー、2015年サンパウロ、2016年ソウル、2017年アトランタ

○ロータリーフェローとの交流会
米山記念奨学生や平和フェローとの交流

○三鷹奉仕4団体合同例会
三鷹ロータリークラブ・三鷹青年会議所・三鷹ライオンズクラブ・当クラブとの情報交流

○クラブ活動
チャリティーゴルフコンペ、観桜会、納涼会、クリスマス家族会、新年会、グルメ会、若葉の会、さくら会等

*
*

東京井の頭ロータリークラブ組織図

PAGETOP
Copyright © 東京井の頭ロータリークラブ All Rights Reserved.