Tokyo Inokashira Rotary Club

目的・活動内容

*

クラブテーマ

ー楽しく奉仕をし 楽しい仲間を増やそうー

クラブ重点目標

1.クラブ会員基盤の底上げを図る

2. クラブ会員の親睦を図る

3. 奉仕と地域社会とのかかわりの強化を図る

クラブ活動計画

1. クラブ戦略委員会を設置し、クラブの未来像を具現化する。

2. 増強活動は、30名体制を目指す。

3. 親睦の機会を増やし、繋がりの強いクラブにする。

4. コロナ禍の中の活動のため、臨機応変に対処する。

*

活動内容

◆クラブ管理運営委員会グループ

目標
古閑会長のクラブテーマ「楽しく奉仕をし 楽しい仲間を増やそう」に添い、クラブ運営を進めていきます。

活動計画
1.クラブ管理運営委員会・各委員会と協力して、魅力あるクラブつくりに努めます。
2.コロナ禍における会員相互の新たな交流の機会を模索し、情報の共有に努めます。
3.ウィルス感染防止対策を考慮したクラブ活動計画の遂行に努めます。

◆SAA委員会(会場監督)

目標
1. SAA委員会の役割である、会場監督・円滑な例会の進行・例会の秩序維持と和やかな雰囲気の醸成を目的として、下記の活動計画を実践する。
2. 新型コロナ感染症拡大以降の時代の変化に対応した、例会・理事会・その他会合の運営を模索することで、参加しやすい環境、入会しやすい環境、退会者を出さない雰囲気を醸成する。
3. 上記目的のため、SAAの責務の再検証を行い、適切な改善を行う。

活動計画
1. 会長・幹事、親睦委員会と連携して、和やか、かつ円滑な例会の進行を図る。
2. 例会の活性化、楽しいと感じる例会の実施のため、季節感等にも配慮した会場の設え(しつらえ)や食事内容に気を配る。
3. 例会等の会合時、ビジターや入会年次の浅い会員の着席位置に配慮し、円滑なコミュニケーションを促進するよう常に心がける。
4. 例会、理事会等の会合は、継続してZOOM等を利用したオンライン参加も可能とし、参加しやすい環境作りを行う。各会員にこれによる開催方法を周知し設定作業を適宜支援する。
5. 司会、ニコニコ、ソングリーター等の役割を適宜SAA委員が分担することにより、各会員に例会進行の方法に関する知識の共有化を図る。

◆親睦・出席委員会

目標
2019-20年度後半からの新型コロナウイルス感染拡大の中にあって、一年半に渡り計画していた会員相互の親睦を深めるための行事が残念なことに全く行えませんでした。
今年度は、新型コロナウイルス感染予防ワクチン接種の効果を期待し、感染状況を把握しソーシャルデスタンスを守り、健康と安全を第一に留意しながらこれまで自粛で我慢して来た分をとりかえせるような魅力ある楽しい行事を企画・実行して、古閑会長の提唱されたクラブテーマの「楽しい仲間」・クラブ重点目標の「2.クラブ会員の親睦を図る」を実現出来るように努力する。

活動計画

1. クリスマス家族忘年例会は、会員と家族、ゲストが満足できるような質の高い内容とする。
2. 親睦旅行は、会員からの要望を多く取り入れ、一人でも多くの会員が参加し易く有意義なものとする。
3. 以下の炉辺を開催する。
① 阿波踊り炉辺   ② 新年炉辺   ③ 観桜会
4. 新入会員歓迎会を行うと共に、新会員へのフォローを積極的に行う。
5. 他の委員会が実施する、例会場外での研修会等とコラボして親睦会をも行う。
6. 月初の例会で、以下のお祝いをする。
① 会員の誕生日祝い   ② 会員の在籍賞 
③ 配偶者の誕生日祝い   ④ 会員の記念日祝い
7. 委員会活動以外(同好会)として、グルメ会や火曜会(ゴルフ会)を支援する。
8. 出席率向上のためとスキルアップのために、世界大会及び地区・多摩中グループの研修会・各種行事への参加や、他クラブ・Eクラブへのメーキャップへのフォローを適宜行う。

◆会報委員会

目標
当クラブの日々の活動を週報に記録し、会員にわかりやすい情報提供を行うとともに、広報手段としても活用する。

活動計画
1. クラブ活動について、写真を多く取り入れながら、読んでもわかりやすい週報づくりを心掛ける。
2. ホームページやSNSを通じて週報を公開することで、当クラブの活動を広報して会員増強につなげる。
3. コロナ禍で会員同士の交流が減り、お互いの現状を知る機会が減ってしまったため、月に2名ほどの会員にテーマは自由とした雑感を400字程度で寄稿を依頼し、メーリングリストにて回覧を行う。他の会員はそれぞれ読んだ感想を返信してもらうように呼び掛ける。

◆プログラム委員会

目標
古閑せい子年度の一丁目1番地は「仲間を増やすこと」です。クラブテーマ「楽しく奉仕をし 楽しい仲間を増やそう」を実現するためには、卓話を充実し、例会を魅力あるものにすること、が第一義です。これまでの当クラブのプログラム委員会の実績を踏まえて、次のとおり、活動計画に取り組みます。

活動計画
1. ロータリーの月間テーマを念頭においた卓話を企画する。
2. 「仲間を増やそう」活動と良く連携して、卓話者を掘り起こしていく。
3. 会員卓話、ビジター卓話のテーマを、早めに年間スケジュールに立て、ホームページで周知を図る。
4. 三鷹市行政、三鷹警察署、三鷹消防署、三鷹ハローワークのリーダーから地域の情報を得る。
5. 卓話テーマのサマリー〈梗概〉は次のとおり。
① 三鷹市の名経営者から話を聞く
② 三鷹市をインキュベーターとする大企業から(例えば山崎パン、カシオなど)。
③ 法津、経済、医学、不動産登記の世界から
④ 演劇、囲碁、仏教の世界から
⑤ 歴史や遺跡から(例えば、三鷹市遺跡調査会、柴田勝重<勝家の孫で三鷹の地を治めた>の子孫、杉原千畝、渋沢栄一のことなど)
⑥ 宇宙、気象のこと
⑦ 東京オリンピック三鷹市ホストタウンのチリ共和国大使
⑧ JICA(国際協力機構)の活動
⑨ 中国、韓国、米山留学生のその後
⑩ プロ野球、プロゴルフの世界一など

◆社会・環境奉仕委員会

目標
2021-22年度古閑会長の方針に即し、奉仕四委員会との連携を密にし、地域貢献、公共イメージ向上、クラブ認識度向上を心がけ、奉仕活動に取り組む。

活動計画
1. 朝陽学園の支援活動
児童養護施設「朝陽学園」へ今年度も10万円寄付を継続する。
2. 子どもの貧困問題について
コロナ禍の中、貧困や社会的格差が増えてきている。特に親世代の貧困が子どもに影響をあたえている。その様な子どもに援助奉仕ができないか、取組んでゆく。
3. ゴミ減量
三鷹市のゴミ減量、資源化に協力。

◆職業奉仕委員会

目標
ロータリーの綱領に基づく職業奉仕には“ロータリアン自らの職業を通じて人々に奉仕し、高い道徳水準を実践することを奨励します”とありますが、奉仕の理想を基に、会員各位の職業を通じて、社会に貢献するよう務め自己の倫理的教養を高めることを目標とします。

活動計画
1. 職業奉仕月間中に、職業奉仕に関する卓話者を招く。
2. 優良事業所や、職業訓練校の見学をする。
3. クラブの行事や他の委員会と連携し奉仕活動をする。
4. DVDなどにより職業奉仕への理解と見識を高める。
◆国際奉仕委員会

目標
「国際奉仕」は、奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、他国の人々を助けることを目的とし、さまざまな活動やプロジェクトに参加、協力することを通じて、国際理解、親善、平和と相互理解を推進する活動です。
近年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界中の地域にさまざまな影響を与え、我がクラブもその影響を受け、思うような活動ができませんが、そんな中でも感染防止をしながらコロナ禍での国際奉仕活動を模索していきたいです。

活動計画
・国際ロータリー第2750地区の実施する国際奉仕活動の事業に協力する。
・ポリオプラス撲滅基金やバギオ基金に協力する。
・(財)三鷹国際交流協会の行事や事業に協力する。
・(財)三鷹国際交流協会の活動についての理事長の卓話を計画する。
・国際大会への参加を促す。

◆新世代奉仕委員会

目標
当クラブにおける主たる奉仕活動となっている日本宇宙少年団分団「サイエンスキッズみたか」の活動を充実化させること,その他青少年奉仕部門の活動を活性化させて,クラブテーマ「楽しく奉仕をし 楽しい仲間を増やそう」を実現する。

活動計画
1. サイエンスキッズみたか,令和3年度の活動(別紙活動計画一覧表)への活動資金を支援する。
2. サイエンスキッズみたかの活動に会員が出席して,活動を支援する(なるべく多くの会員の参加を促し,活動に対する会員の理解を深める)。
3. 社会福祉法人朝陽学園への支援活動(寄付金の提供等)を実施する。
4. 2750地区における青少年奉仕部門の
   ・インターアクト
   ・ローターアクト
   ・青少年交換
 ・RYLA
   ・インターンシップ
 の活動に参加する。

◆公共イメージ(IT・広報)委員会

目標
1. 井の頭ロータリークラブの活動について、会員増強につながるよう積極的に広報活動を行う。
2. RIや2750地区の情報をタイムリーに会員に提供する。
3. MyRotaryへの関心度を高め、登録会員数を100%に近づける。
4. コロナ禍で培ったICTをさらに充実させる。

活動計画
1. クラブ活動を紹介しているWebサイトのコンテンツを見直し、双方向でのコミュニケーションが可能かなど、更なる充実を検討する。
2. MyRotaryに掲載される記事やトピックなどを年間数回は週報に紹介する。
3. コロナ禍で例会のオンライン化を実現させたので、引き続き環境を整備していく。
(Webカメラなどの設置方法の改良など)
4. ロータリーの公共イメージを向上させるような広報活動を行い、外部に情報発信する。
5. アンケート調査を行うなどして各会員のIT環境について情報収集し、各会員に合った実現可能なITスキル向上の提案を個別にする。

◆仲間を増やそう委員会(会員増強)

目標
1. 全会員が1名の入会予定者を選出して、チームを組んで会員の勧誘に当たる。
2. クラブ会員数30人を目標に7名の増員を図る。
3. 入会もさることながら退会防止に努める。

活動計画
1. 井の頭ロータリークラブの活動がわかる、勧誘目的のパンフレットを作成する。
2. ロータリーの入会は声を掛けることから始めようという意識を会員一人ひとりに周知していく。
3. ロータリークラブの魅力は交流にあり、炉辺や卓話に知人や友人を呼ぶなどのアプローチをする。
4. ロータリークラブ定款またはクラブ裁量権の範囲内といえども、入会条件の緩和については全会員と協議し、アイデアを出して実践していく。

◆会員選考・職業分類委員会

目標
1. 会員に推薦された全ての人について,当クラブの会員としての適格性を調査する。
2. 会員の事業または専門職務がバランスの取れた職務分類となるような会員構成を目指す。

活動計画
1. 会員選考
推薦された者の人格、職業及び社会的地位が当クラブの会員として相応しいかどうかを
調査し、委員会の見解を理事会に伝える。
2. 職業分類
① 新会員の事業及び専門職務を適正に判断し分類を決める。
② 当クラブの充填・未充填の職務分類を調査すると共に、現会員の持っている職業分類を再検討し、理事会に報告する。

◆R情報・アドホック委員会

目標
ロータリー情報を収集して、会員に紹介し、クラブ活動の活性化に寄与する。

活動計画
1. ロータリー機関雑誌「ロータリーの友」より、参考になる記事を紹介。
2. マイロータリーより、有用な情報を紹介。
3. アドホックについては、必要に応じ対応。

◆ロータリー財団委員会

目標
2021~22年度RIテーマ・ロータリー声明に地区重点目標の達成に向けて、「ロータリー財団」の活動を推進する。
1. 年次基金への寄付
2. ポリオプラスへの寄付
3. ベネファクター 1名以上
4. ポールハリスソサエティー 1名以上

活動計画
1. 財団の歴史、現況の活動等を知り、財団に関する卓話を進め、支援活動への理解を増やす。
2. 各種委員会と協議し、財団の補助金制度を活用した奉仕活動をロータリーとして検討する。
3. 諸研修会への参加を財団として働きかけ、各会員に呼びかける。
4. 財団の大切さを説明し、各種税控除等も専門的なアドバイスを頂く。

◆米山記念奨学委員会

目標
米山奨学生に良好な勉学環境を提供し、ロータリーと米山奨学事業の理念を伝え、同時にカウンセラーへのサポートを行う。また、ロータリアンと米山奨学生、学友の交流をより促進し、米山事業への理解促進を図る。
将来のロータリー活動の良き理解者となる人材を育成し、日本と世界を結ぶ『かけ橋』となって国際社会で活躍する優秀な学生を支援する奨学事業を、委員会活動をとおして、学び、その情報を会員に伝える。

活動計画

・奨学生 王 思力(オウ シリ)さんを、カウンセラーを中心に委員会においてお世話し、国際親善と理解に努める。
・9月に送別と激励の意味を込めて、米山奨学期間修了の王さんの歓送会を開催し門出を祝う。
・米山月間(10月)には、米山記念奨学会に関する卓話を企画する。
・会員が米山記念奨学会への理解をさらに深めるよう、米山記念奨学会のPR 活動、情報発信などを、例会などを通じて行う。
・クラブからの普通寄付を行うとともに、会員個人・法人からの特別寄付を依頼する。

親睦と友情 FRIENDSHIP

世界のロータリアンと交流する場でもあります。

国際大会への参加
2012年バンコク、2013年リスボン、2014年シドニー、2015年サンパウロ、2016年ソウル、2017年アトランタ、2019年ハンブルク、2020年ホノルル中止、2021年台北中止

ロータリーフェローとの交流会
米山記念奨学生や平和フェローとの交流

三鷹奉仕4団体合同例会
三鷹ロータリークラブ・三鷹青年会議所・三鷹ライオンズクラブ・当クラブとの情報交流

クラブ活動
チャリティーゴルフコンペ、観桜会、阿波踊り例会、クリスマス家族忘年会、新年会、グルメ会、若葉の会、さくら会、親睦旅行等

*
*

東京井の頭ロータリークラブ組織図

PAGETOP
Copyright © 東京井の頭ロータリークラブ All Rights Reserved.