東京井の頭ロータリークラブ:第2750地区 Tokyo Inokashira Rotary Club:Rotary International District 2750

目的・活動内容

*

2017-2018年度 クラブ重点目標

1. 会員基盤の強化

2. 会員相互の親睦

3. 地域社会への貢献

4. 地区重点目標の達成*

2017-2018年度 クラブ活動計画

1. 会員増強で会員数30名を目指そう

2. クラブ行事に家族や友人、知人を誘う

3. 親睦や奉仕の機会をみんなで増やそう

4. 重点目標達成にみんなで取組もう

*

活動内容

◆クラブ奉仕委員会

阿部会長の示されたクラブ運営方針に沿い、より的確なクラブの運営と有効な活動に取り組み進めてゆきます。

*
◆SAA委員会(会場監督)
ロータリー活動の基本は例会出席です。そのために、例会を滞りなく効率的に運営を行うことで、仲間とともに楽しい時間を毎週過ごすことが会員間の親睦につながり、社会奉仕活動の源となるはずです。ロータリーとして守るべきものと、当クラブらしさを融合させた例会づくりに努めたいと思っています。

◆親睦・出席委員会
阿部会長のテーマである「思いやり・調和しよう」の根源は例会時のコミュニケーションと、親睦行事とそれに出席し交流会・語らうことであると思います。その為の魅力ある行事を積極的に推し進め、楽しさを実感できるものとします。

◆会報・プログラム委員会
① 井の頭ロータリークラブの活動を見やすく、わかりやすい会報(週報)作りに努めます。
② 会報(週報)を通して会員に有効な情報を提供します。

◆社会・環境奉仕委員会
2017-18年度阿部会長の方針に即し、奉仕四委員会との連携を密にして、地域貢献、公共イメージ向上、クラブ認識度向上を心がけながら、次の奉仕活動に取り組むものとする。

◆職業奉仕委員会
職業を通じて地域社会へ思いやりを以て接する。

◆国際奉仕委員会
国際奉仕の理念に基づき、 地区のテーマとする分野を奨励していく。

◆新世代奉仕委員会
① 当クラブにおける青少年奉仕活動の柱である日本宇宙少年団「サイエンスキッズみたか」
の活動支援を継続事業とし、設立17年目を迎え新体制2年目となった分団活動をより充
実させる為、より積極的に推し進めていく。
② 地区の青少年奉仕部門の
・インターアクト
・ローターアクト
・青少年交換
・RYLA
・インターンシップ
上記5活動に積極的に参加する。
③ 「活動に参加した青少年が虐待・ハラスメント・事故等により精神的、肉体的にダメージ
を受けぬよう、又それに対する危機管理」と「プログラムの安全」に対する意識高揚。


*

親睦と友情 FRIENDSHIP

世界のロータリアンと交流する場でもあります。

○国際大会への参加
2012年バンコク、2013年リスボン、2014年シドニー、2015年サンパウロ、2016年ソウル、2017年アトランタ

○ロータリーフェローとの交流会
米山記念奨学生や平和フェローとの交流

○三鷹奉仕4団体合同例会
三鷹ロータリークラブ・三鷹青年会議所・三鷹ライオンズクラブ・当クラブとの情報交流

○クラブ活動
チャリティーゴルフコンペ、観桜会、納涼会、クリスマス家族会、新年会、グルメ会、若葉の会等

*
*

東京井の頭ロータリークラブ組織図

PAGETOP
Copyright © 東京井の頭ロータリークラブ All Rights Reserved.